廃車の知らないこと

廃車のことがわかるサイト

廃車はお金になるのです

廃車と聞くと、壊れた車や事故車となってもう乗れなくなった車であり、価値が無いイメージがありますが、決してそんなことはありません。どんなに古くても、壊れていてもお金になるんです。何故かというと、車の解体屋がいらなくなった車を買うからです。車には鉄やアルミニウム、銅などが使われています。解体屋もその部分を分別して鉄を売るわけです。また、まだ使える部品などはリユースして、低価格で販売をして自動車屋が購入して、修理する仕組みになっているからなのです。ですから、廃車とは商品であり資源なので解体屋が買っていきます。

頭金についての情報